マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

※※パルトックス錠30mg

作成又は改訂年月

※※2008年10月改訂(第5版)
 ※2007年10月改訂

日本標準商品分類番号

873133

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1992年6月

薬効分類名

パンテチン製剤

承認等

販売名

※※パルトックス錠30mg

販売名コード

3133001F1128

承認・許可番号

承認番号
※※ 22000AMX01783000
商標名
PARUTOX Tab.30mg

薬価基準収載年月

※※ 2008年12月

販売開始年月

1981年9月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等取扱い上の注意参照
使用期限
使用期限等取扱い上の注意参照

組成

組 成
組成パルトックス錠30mgは1錠中パンテチン30mgおよび添加物として乳糖水和物、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、結晶セルロース、含水二酸化ケイ素、カルボキシメチルスターチナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、カルナウバロウを含有する。

性状

製剤の性状
性状パルトックス錠30mgは直径約7.1mm、厚さ約3.7mm、質量約123mgの白色のフィルムコーティング錠である。

販売名

※※パルトックス錠60mg

販売名コード

3133001F2256

承認・許可番号

承認番号
※※ 22000AMX01784000
商標名
PARUTOX Tab.60mg

薬価基準収載年月

※※ 2008年12月

販売開始年月

1981年9月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等取扱い上の注意参照
使用期限
使用期限等取扱い上の注意参照

組成

組 成
組成パルトックス錠60mgは1錠中パンテチン60mgおよび添加物として乳糖水和物、結晶セルロース、含水二酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースカルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメチロース、マクロゴール6000、酸化チタン、タルク、カルナウバロウを含有する。

性状

製剤の性状
性状パルトックス錠60mgは直径約9.1mm、厚さ約4.9mm、質量約295mgの白色のフィルムコーティング錠である。

販売名

※※パルトックス細粒20%

販売名コード

3133001C1180

承認・許可番号

承認番号
※※ 22000AMX01964000
商標名
PARUTOX Gra.20%

薬価基準収載年月

※※ 208年12月

販売開始年月

1981年9月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等取扱い上の注意参照
使用期限
使用期限等取扱い上の注意参照

組成

組 成
組成パルトックス細粒20%は1g中パンテチン200mgおよび添加物として乳糖水和物、結晶セルロース、含水二酸化ケイ素、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。

性状

製剤の性状
性状パルトックス細粒20%は白色の細粒である。

一般的名称

パンテチン

効能又は効果

用法及び用量

用法及び用量
用法及び用量通常、成人にはパンテチンとして1日30〜180mg、血液疾患、弛緩性便秘にはパンテチンとして1日300〜600mgを1〜3回に分けて経口投与する。高脂血症にはパンテチンとして1日600mgを3回に分けて経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

副作用

副作用等発現状況の概要
頻度
副作用の概要
副作用の概要本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用
消化器
頻度
頻度不明
副作用の概要
副作用の概要下痢・軟便、腹部膨満、嘔吐、食欲不振
 頻度不明
消化器下痢・軟便、腹部膨満、嘔吐、食欲不振

適用上の注意

薬剤交付時
適用上の注意
適用上の注意PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。〔PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。〕

※ 薬物動態

溶出挙動
薬物動態
薬物動態パルトックス錠30mg1)錠60mg2)細粒20%3)は、日本薬局方外医薬品規格第3部に定められたパンテチン錠・細粒の溶出規格に適合していることが確認されている。

薬効薬理

薬効薬理
薬効薬理1.ウサギにラノリンと綿実油を投与した実験で血中コレステロール、中性脂肪の増加を抑制するとともに動脈壁のアテローム性変性の発生を抑制する4)。高コレステロール食投与ラットにおいても動脈壁でのコレステロール代謝改善作用が認められている5)
薬効薬理
薬効薬理2.パントテン酸欠乏ラットにおけるp-アミノ安息香酸に対するアセチル化能は、パントテン酸カルシウムを投与したものより高い結果がみられる6)
3.血小板数の改善7)7)
薬効薬理
薬効薬理抗ラット血小板ウサギ血清及び乏血小板輸血による実験的血小板減少症に対し、血小板減少の抑制又は回復促進作用を示す。
4.腸管運動促進作用8)8)
薬効薬理
薬効薬理無麻酔マウス及びペントバルビタール又はウレタン麻酔下ウサギに経口投与することにより、腸管運動の亢進がみられる。

有効成分に関する理化学的知見

構造式:
理化学的知見
理化学的知見
一般名:
理化学的知見
理化学的知見パンテチン(Pantethine)
化学名:
理化学的知見
理化学的知見Bis(2-{3-[(2R)-2,4-dihydroxy-3,3-dimethylbutanoylamino]propanoylamino}ethyl)disulfide
分子式:
理化学的知見
理化学的知見C22H42N4O8S2
分子量:
理化学的知見
理化学的知見554.72
旋光度:
理化学的知見
理化学的知見[α]20D :+15.0〜+18.0°(脱水物に換算したもの1g、水、25mL、100mm)
性状:
理化学的知見
理化学的知見本品は無色〜微黄色澄明の粘性の液である。本品は水、メタノール又はエタノール(95)と混和する。本品は光によって分解する。

取扱い上の注意

貯  法
取扱い上の注意
取扱い上の注意本品は吸湿性ですので気密容器に入れ室温に保存して下さい。
使用期限
取扱い上の注意
取扱い上の注意外箱に記載の使用期限を参照して下さい。使用期限内であっても開封後はすみやかに使用して下さい。
※ 安定性試験
取扱い上の注意
取扱い上の注意最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年)の結果、パルトックス錠30mg9)錠60mg10)細粒20%11)は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

包装

パルトックス錠30mg
100錠(PTP)、1000錠(PTP)、1200錠(バラ)、6000錠(PTP)
パルトックス錠60mg
100錠(PTP)、1000錠(PTP)
パルトックス細粒20%
100g、1000gt、1.0g(1包)×1200包

主要文献及び文献請求先

1)2)3)鶴原製薬株式会社 社内資料
4)木村 登 他:臨床と研究, 44, 632(1967)
5)Shinomiya,M.et al.:Atherosclerosis, 36, 75(1980)
6)尾上久吾 他:ビタミン, 31, 369(1965)
7)Ashida,S.et al.:Thrombos.Diathes.haemorrh., 33, 528(1975)
8)橋爪武司 他:日薬理誌, 68, 255(1972)
9)10)11)鶴原製薬株式会社 社内資料

文献請求先

主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。
問い合わせ先鶴原製薬株式会社 医薬情報部
〒563-0036 大阪府池田市豊島北1丁目16番1号
TEL:072-761-1456(代表)
FAX:072-760-5252

製販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
鶴原製薬株式会社
大阪府池田市豊島北1丁目16番1号

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
3133001F2256 パルトックス錠60mg パンテチン 60mg1錠 5.6
3133001C1180 パルトックス細粒20% パンテチン 20%1g 6.2
3133001F1128 パルトックス錠30mg パンテチン 30mg1錠 5.6

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
460028_3133001C1180_1_02.sgm ブラウザで表示
460028_3133001C1180_1_02_fig01.gif ブラウザで表示