マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

**パンテチン散20%「テバ」

作成又は改訂年月

** 2013年12月改訂 (第12版、販売名変更に伴う改訂)
* 2012年4月改訂

日本標準商品分類番号

873133

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1992年6月

薬効分類名

パンテチン製剤

承認等

販売名

**パンテチン散20%「テバ」

販売名コード

3133001B1215

承認・許可番号

承認番号
**22500AMX01364
商標名
**Pantethine 20%" TEVA"

薬価基準収載年月

**薬価基準収載

販売開始年月

1981年9月

貯法・使用期限等

貯法
遮光、室温保存、吸湿注意
使用期限
3年(外箱、ラベルに表示)

組成

有効成分
日局 パンテチン
含量
1g中 200mg(脱水物として)
添加物
トウモロコシデンプン、ケイ酸アルミニウム、乳糖水和物、結晶セルロース、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、タルク

性状

*白色の散剤で、においはなく、味はやや苦い。
識別コード
分包:TYK87

効能又は効果

用法及び用量

通常、成人にはパンテチンとして1日30〜180mg、血液疾患、弛緩性便秘には1日300〜600mgを1〜3回に分けて経口投与する。
高脂血症には1日600mgを3回に分けて経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

副作用

副作用等発現状況の概要
その他の副作用
消化器

薬物動態

溶出挙動1)1)

薬効薬理

パンテチンは、リポ蛋白リパーゼ活性を上昇させ、血清中性脂肪を低下させる。血清総コレステロールを低下させ、HDL-コレステロールを増加させる。また、血管壁リソソームのコレステロールエステラーゼ活性を高め、血管壁へのコレステロール沈着を抑制する。また、脂肪酸酸化促進、腸管運動促進作用が認められている2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名化学名
Bis(2-{3-[(2R)-2,4-dihydroxy-3,3-dimethylbutanoylamino]propanoylamino}ethyl)disulfide
分子式
C22H42N4O8S2
分子量構造式

性状
無色〜微黄色澄明の粘性の液である。
水、メタノール又はエタノール(95)と混和する。
光によって分解する。

取扱い上の注意

安定性試験3)3)

包装

**パンテチン散20%「テバ」:1g×120包
**パンテチン散20%「テバ」:1g×1200包
**パンテチン散20%「テバ」:100g(バラ)
**パンテチン散20%「テバ」:1kg(バラ500g×2)

主要文献及び文献請求先

大正薬品工業(株):社内資料(溶出試験)
第十五改正日本薬局方解説書,廣川書店 2006;C-3202
大正薬品工業(株):社内資料(安定性試験)

文献請求先・製品情報お問い合わせ先

問い合わせ先 *主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。
問い合わせ先 テバ製薬株式会社 DIセンター
〒453-0801 名古屋市中村区太閤一丁目24番11号
TEL 0120-923-093
FAX 052-459-2853

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

*販売元
テバ製薬株式会社
名古屋市中村区太閤一丁目24番11号
製造販売元
大正薬品工業株式会社
滋賀県甲賀市甲賀町大原市場3番地

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
3133001B1215 パンテチン散20%「テバ」 パンテチン 20%1g 6.2

Related Attachments