マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

注射用GHRP科研100

作成又は改訂年月

** 2014年4月改訂 (第6版)
2009年8月改訂 (第5版、指定医薬品廃止に伴う改訂)

日本標準商品分類番号

877223

日本標準商品分類番号等

再審査結果公表年月(最新)
**2014年3月
国際誕生年月
2004年10月

薬効分類名

成長ホルモン分泌不全症診断薬

承認等

販売名

注射用GHRP科研100

販売名コード

7223407D1027

承認・許可番号

承認番号
21600AMZ00573000
商標名
GHRP Injection

薬価基準収載年月

2004年12月

販売開始年月

2005年2月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等凍結を避け、10℃以下の暗所にて保存
使用期限
使用期限等外箱及びラベルに表示

規制区分

処方せん医薬品
説明事項(注意−医師等の処方せんにより使用すること)

組成

有効成分
組成1バイアル中にプラルモレリン塩酸塩(別名:塩酸プラルモレリン)100μgを含有する。
添加物
組成D-マンニトール 25mg

性状

性状
性状白色の塊又は粉末である。
pH
性状5.0〜7.0(100μg/10mL生理食塩液)
浸透圧比(生理食塩液に対する比)
性状1.0〜1.2(100μg/10mL生理食塩液)
添付溶解液
性状日局 生理食塩液 10mL

一般的名称

プラルモレリン塩酸塩

禁忌

(次の患者には投与しないこと)
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]

効能又は効果

重症成長ホルモン分泌不全症患者では、本剤投与後の成長ホルモン最高血中濃度は15ng/mL(遺伝子組換え型の成長ホルモンを標準品とした場合は9ng/mL)以下となる。[下表及び「判定方法」「臨床成績」の項参照]
(1)(重症成長ホルモン分泌不全症患者における本剤投与後の成長ホルモン最高血中濃度)

用法及び用量

本剤を投与直前に生理食塩液10mLで溶解し、プラルモレリン塩酸塩として4歳以上18歳未満では体重1kg当たり2μg(但し、体重が50kgを超える場合は100μg)を、18歳以上では100μgを空腹時、静脈内に緩徐に注射する。
2.〈判定方法〉
血中成長ホルモン値は測定法等により異なるので、正常反応は個々の施設において設定されるべきであるが、通常、本剤投与後15分から60分までに血中成長ホルモン値が最高濃度に達する。重症成長ホルモン分泌不全症患者では、本剤投与後の成長ホルモン最高血中濃度は15ng/mL(遺伝子組換え型の成長ホルモンを標準品とした場合は9ng/mL)以下となる。しかし、本試験での血中成長ホルモン値が15ng/mL(遺伝子組換え型の成長ホルモンを標準品とした場合は9ng/mL)を超えても、他の所見から重症成長ホルモン分泌不全症が疑われる場合は、他の刺激試験を考慮すること。
採血は、投与前、投与後15分、30分、45分、60分に行い、その血清中の成長ホルモンの濃度を測定する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

副作用

副作用等発現状況の概要
**総症例227例中、副作用が認められたのは74例(32.6%)111件で、その主なものは熱感35件(15.4%)、腹鳴28件(12.3%)、発汗12件(5.29%)、腹痛5件(2.20%)等であった。
本剤投与による臨床検査値の異常変動は227例中13例(5.72%)23件に認められ、その主なものは白血球増多221例中11件(4.98%)、好中球比率上昇219例中5件(2.28%)、リンパ球比率低下219例中4件(1.83%)等であった。
(承認時)
特定使用成績調査503例において副作用は認められなかった。
(再審査終了時)
その他の副作用
**循環器
頻度
0.1〜
詳細
詳細低血圧
**肝臓
頻度
0.1〜
詳細
詳細ALT(GPT)上昇
**消化器
頻度
1〜5%未満
詳細
詳細腹鳴
**消化器
頻度
0.1〜
詳細
詳細腹痛、嘔気、胃部不快感、悪心、腹部膨満感
**精神神経系
頻度
0.1〜
詳細
詳細眠気、めまい
**呼吸器
頻度
0.1〜
詳細
詳細鼻汁
**血液
頻度
1〜5%未満
詳細
詳細白血球増多
**血液
頻度
0.1〜
詳細
詳細好中球比率上昇、リンパ球比率低下、単球比率上昇、好酸球比率上昇
**その他
頻度
1〜5%未満
詳細
詳細熱感、発汗
**その他
頻度
0.1〜
詳細
詳細苦味、腰痛、口渇感、ぼーっとした、頭痛、冷汗、顔面潮紅、空腹感、倦怠感、ふらつき
**なお頻度は、承認時の臨床試験、及び製造販売後の特定使用成績調査における副作用をあわせて集計し算出した。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]
授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが、やむを得ず投与する場合には授乳を避けさせること。[動物実験(ラット)において乳汁中へ移行するとの報告がある。]

小児等への投与

**低出生体重児、新生児、乳児及び4歳未満の幼児に対する安全性は確立していない(低出生体重児、新生児には使用経験がなく、乳児及び4歳未満の幼児には使用経験が少ない)。

適用上の注意

1.調製時
溶解後はできるだけ速やかに使用すること。溶解後の安定性については室温にて24時間後まで確認されている。
2.アンプルカット時
本剤の添付溶解液の容器はワンポイントカットアンプルなので、丸印を上にして下方向へ折ること。なお、アンプルカット時の異物混入を避けるため、エタノール綿等で清拭しカットすること。
3.投与時
摂食により血中成長ホルモンの値が変動することがあるので、空腹時に投与すること。
ストレス、運動等により血中成長ホルモンの値が上昇することがあるので、安静(臥位)を保ってから投与すること。

その他の注意

本剤はコルチコレリン(CRH)、ゴナドレリン酢酸塩(LH-RH)、プロチレリン(TRH)等、他の検査薬との同時投与による使用経験がなく、その安全性は確立していない。
類薬を下垂体腺腫患者に投与した場合、視力・視野障害、頭痛、嘔吐等を伴う下垂体卒中があらわれるとの報告がある。

薬物動態

1.血中濃度1)1)
健常成人(男性18名)に本剤0.3、1.0又は3.0μg/kgを静脈内投与した際の血中濃度曲線は下図のとおりであり、投与5分後の血漿中濃度はそれぞれ4.25、12.45、34.20ng/mLであった。また、投与後の消失は速やかであり消失半減期(T1/2β1/2β)は約0.42〜0.69時間であった。
(注)本剤の承認された用法・用量とは異なる。(「用法・用量」の項参照)
2.代謝・排泄1)1)
健常成人男子に本剤100μgを静脈内投与した場合、血漿中に代謝物は検出されなかった。また、投与24時間後までに未変化体が投与量の約2%、代謝物が約4%の割合で尿中に排泄され、動物(ラット及びイヌ)と同様に胆汁中排泄が主であると推察された。

臨床成績

1.正常低身長小児を含む健常人に対する臨床効果1) 1)
正常低身長小児を含む健常人に対し、本剤100μg又は2μg/kg以上を空腹時に静脈内投与した後の成長ホルモン(GH)の最高血中濃度(Cmax)は15.88〜345.06(平均84.60)ng/mLであった。本剤投与による血中GH濃度は、年齢40歳以上及び閉経女性において、それ以外の者に比べて若干の低値を示したが、性差、肥満度による差はなかった。またGHのCmaxは良好な再現性を示した。
2.成長ホルモン分泌不全症患者に対する臨床効果1)1)
過去に重症GH分泌不全症と診断され、インスリン負荷試験による血清中GH濃度のCmaxが3ng/mL以下(インスリン負荷試験でのデータがない場合には、アルギニン負荷試験のCmaxが5ng/mL以下)の患者に対し、本剤100μg を空腹時に静脈内投与した後のGHのCmaxは0.05以下〜14.79(平均1.37)ng/mLであった。また本剤によるGH分泌の反応が検出限界(0.05ng/mL)以下等の患者を除いた最高血中濃度到達時間(Tmax)の平均は25.78分であった。
なお、本剤投与後の血中GHの基準値15ng/mLは、インスリン負荷試験時の3ng/mLに相当し、GH分泌低下症の診断と治療の手引き2)2)の「5-1.GH分泌低下症」、「病型分類」では刺激試験におけるGHのCmaxとして重症GH分泌不全に相当する値である。
[本剤投与後のGH最高血中濃度は、本添付文書の「効能・効果に関連する使用上の注意」の項を参照すること。]

薬効薬理

1.成長ホルモン分泌促進作用3,4)3,4)
無麻酔下ラット及びイヌ、ペントバルビタール麻酔下ラットへの静脈内投与により、用量に依存した成長ホルモン(GH)分泌促進作用を示す。
下垂体摘出、視床下部弓状核破壊及び正中隆起破壊等により、静脈内投与によるGH分泌促進作用は減弱する。
ラット下垂体前葉細胞の初代培養系(in vitro)で、濃度依存性のGH分泌促進作用を示す。
2.作用機序3,5)3,5)
本剤は成長ホルモン分泌促進物質(GHS)受容体に結合し、主に視床下部を介した作用により下垂体からGH分泌を促進させると考えられる。

有効成分に関する理化学的知見

1.一般名
Pralmorelin Hydrochloride(プラルモレリン塩酸塩)
2.化学名
D-Alanyl-3-(2-naphthyl)-D-alanyl-L-alanyl-L-tryptophyl-D-phenylalanyl-L-lysinamide dihydrochloride
3.分子式
C4545H5555N99O66・2HCl
4.分子量
890.90
5.構造式
6.性状
白色の結晶性の粉末である。
ギ酸に溶けやすく、水にやや溶けにくく、メタノールに溶けにくく、エタノール(99.5)、酢酸(100)に極めて溶けにくく、アセトニトリルにほとんど溶けない。
吸湿性である。光によって分解する。

包装

1バイアル(日局 生理食塩液10mL添付)

主要文献及び文献請求先

臨床試験の概要(科研製薬(株)社内資料)
厚生労働科学研究費補助金特定疾患対策研究事業 間脳下垂体機能障害に関する調査研究 平成14年度 総括・分担研究報告書
土井直巳 他:Arzneim.-Forsch./Drug Res.,54(12),857〜867,2004.
中川照丈 他:Life Sciences,59(9),705〜712,1996.
ヒト型GHS受容体に対する結合活性(科研製薬(株)社内資料)

文献請求先

問い合わせ先 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求ください。

科研製薬株式会社 医薬品情報サービス室
〒113-8650 東京都文京区本駒込2丁目28−8
電話 0120-519-874

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
科研製薬株式会社
東京都文京区本駒込2丁目28−8

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
7223407D1027 注射用GHRP科研100 プラルモレリン塩酸塩 100μg1瓶(溶解液付) 8392

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
200022_7223407D1027_1_06.sgm ブラウザで表示
200022_7223407D1027_1_06_fig01.gif ブラウザで表示
200022_7223407D1027_1_06_fig02.gif ブラウザで表示
200022_7223407D1027_1_06_fig03.gif ブラウザで表示