マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

ジーナイガス−Xe133

作成又は改訂年月

** 2011年1月改訂 (第5版)
* 2009年6月改訂

日本標準商品分類番号

874300

薬効分類名

放射性医薬品

承認等

販売名

ジーナイガス−Xe133

販売名コード

4300700G1082

承認・許可番号

承認番号
16300AMZ00890
商標名
Xeneigas−Xe133

薬価基準収載年月

1990年7月

販売開始年月

1990年8月

貯法・使用期限等

貯法 
使用期限等室温保存
放射線を安全に遮できる貯蔵設備(貯蔵箱)に保存
有効期間
使用期限等検定日から12日間

基準名

放射性医薬品基準
基準名キセノン(133Xe)吸入用ガス

規制区分

*処方箋医薬品注)
説明事項注)注意−医師等の処方箋により使用すること。

組成

組成1バッグ(容量12.5mL)中キセノン133(133Xe) 1.85GBq(検定日時)

性状

外観
性状無色の気体

一般的名称

効能又は効果/用法及び用量

用法及び用量

1.局所肺換気機能の検査
本品から分取したキセノン133ガスを、キセノン(133133Xe)吸入用ガス専用吸入用器具(例、医療機器「ベンチルコン」、「キセノンガスコントロールシステム」など)に注入し、その用法及び用量に従って使用する。
ただし、1人1回370MBq投与とする。
(1)1回吸入検査
(1)キセノン133ガスを希釈しない方法
患者にできるだけ大きく呼出させて呼吸停止させ、キセノン133ガスを放出する。直ちに1回深吸入させて呼吸停止させ、肺シンチグラムを撮る。
(2)キセノン133ガスを希釈する方法
患者に深吸入させて呼吸停止させ、キセノン133ガスを放出すると同時にできるだけ大きく呼出させてキセノン133ガスを呼気で希釈する。引き続き1回深吸入させて呼吸停止させ、肺シンチグラムを撮る。
(2)再呼吸検査
必要により、1回吸入検査に引続いてキセノン133ガスの呼出、吸入を反復させ、肺内のガス濃度が一定になった後1回深吸入させて呼吸停止させ、肺シンチグラムを撮る。
(3)洗い出し検査
1回吸入検査又は再呼吸検査に引続いて室内の空気を導入吸気させ、肺内のキセノン133ガスが洗い出される過程の経時的な肺シンチグラムを撮る。
2.局所脳血流の検査
本品から分取したキセノン133ガスをRI局所脳循環血流測定装置に注入し、その用法及び用量に従って使用する。
呼吸マスクを通じて、キセノン133ガス111MBq/Lの混合した空気を1分間(約555〜740MBq)呼吸させる。
その後通常の空気に切り換え、10分間、脳血流よりキセノン(133133Xe)が洗い出されるクリアランス曲線を、頭部両側に設置した複数のシンチレーションプローブにより記録計に描記する。このクリアランス曲線から局所における脳組織血流量を、接続したコンピュータによりプログラミングによって算出する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

重要な基本的注意

診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与することとし、投与量は最小限度にとどめること。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので、患者の状態を十分に観察しながら慎重に投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には、原則として投与しないことが望ましいが、診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない(現在までのところ、十分な臨床試験成績が得られていない)。

薬物動態

133133Xeを含んだ空気を吸入すると、133133Xeは血液−空気分配係数に応じて肺より血中に移行する。血中に移行した133133Xeは組織−血液分配係数及び各組織の血流量に応じて全身に取り込まれる。10分間の反復呼吸では、吸入に用いた量の約1/3が全身に取り込まれ、副腎に最も多く分布し、肝臓・脾臓ではその2/3、心臓・甲状腺では1/2、脳・腎周囲脂肪では1/3程度である1)1)。133133Xeを含んだ空気の吸入を中止すると、取り込みとは逆の経路を通り、体内で変化することなく肺より排泄される。各組織から血中に移行した133133Xeは、血液の1回の肺循環で90〜95%が呼気中に排泄される。その排泄パターンは、22秒から17時間の生物学的半減期を有する5つの成分からなり、最も長い生物学的半減期を有する成分は、キセノンの脂質溶解特性により脂肪組織に取り込まれたものであり、全身に取り込まれた量の約13%に相当する2)2)。

臨床成績

133133Xeガス吸入法による局所肺換気機能の検査を各種肺疾患患者207例に施行したところ、195例(94.2%)と高率に有効所見を得た。
133133Xeガス吸入法による局所脳血流の検査を各種脳血管障害患者140例に施行したところ、136例(97.1%)と高率に有効所見を得た。

臨床成績の表

組織スピロメーター(容積) 5L
スピロメーター(容積) 7.5L
スピロメーター(容積) 10L
0.1100.0820.065
赤色骨髄0.0150.0120.009
卵巣0.0130.0100.008
睾丸0.0120.0090.007
全身0.0140.0110.009

有効成分に関する理化学的知見

1.キセノン133(133133Xe)ガス
本品は放薬基「キセノン(133133Xe)吸入用ガス」である。
2.133133Xeの核物理学的特性
(1)物理的半減期
5.2475日
(2)主なγ線エネルギー
81.0keV(38.0%)
(3)減衰表
(下表参照)

有効成分に関する理化学的知見の表

経過日数(日)残存放射能(%)経過日数(日)残存放射能(%)
−3148.6551.7
−2130.2645.3
−1114.1739.7
0100834.8
187.6930.5
276.81026.7
367.31123.4
459.01220.5

包装

1.85GBq/12.5mL/バッグ

主要文献及び文献請求先

Vincent JC:Principle 1976;1541−1542
Herbert S, al:J Med 1977;18:462-471
Atkins HL, al:J Med 1980;21:459-465

文献請求先

問い合わせ先 富士フイルムRIファーマ株式会社 製品情報センター
電話番号 0120-50-2620
**〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1 兼松ビル

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
富士フイルムRIファーマ株式会社
**〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1 兼松ビル

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
4300700G1082 ジーナイガス-Xe133 キセノン(133Xe) 10MBq 169.8

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
400022_4300700G1082_1_11.sgm ブラウザで表示