マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

マーキュロクロム液FM

作成又は改訂年月

※※2008年2月改訂(第5版)
※  2006年7月改訂

日本標準商品分類番号

872619

日本標準商品分類番号等

再審査結果公表年月(最新)
再審査結果公表年月(最新)の注意書き
再評価結果公表年月(最新)
1992年6月
再評価結果公表年月(最新)の注意書き
効能又は効果追加承認年月(最新)
効能又は効果追加承認年月(最新)の注意書き
国際誕生年月
国際誕生年月の注意書き

薬効分類名

外皮用殺菌消毒剤

承認等

販売名


マーキュロクロム液FM

販売名コード

2619710X1336

承認・許可番号

承認番号


許可番号
商標名

薬価基準収載年月

1986年3月

販売開始年月

1986年3月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等
遮光した気密容器
使用期限
使用期限等
5年(表示の使用期限内に使用すること)

基準名

日本薬局方
基準名マーキュロクロム液 

組成

組成1mL中 日局マーキュロクロム20mg含有(2w/v%)

性状

性状暗赤色の液である。

禁忌

(次の患者には投与しないこと) (次の患者及び次の部位には使用しないこと)
禁忌
禁忌
1.
1) 本剤又は他の水銀製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
2.
2) 臍帯ヘルニアの小児
3.
3) 粘膜面
4.
4) 口に触れる可能性のある部位(乳頭等)の消毒
(次の患者及び次の部位には使用しないこと)
禁忌
禁忌
1.
1) 本剤又は他の水銀製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
2.
2) 臍帯ヘルニアの小児
3.
3) 粘膜面
4.
4) 口に触れる可能性のある部位(乳頭等)の消毒

効能又は効果

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

重要な基本的注意

重要な基本的注意
重要な基本的注意使用量はできるだけ必要最少量にとどめること。

副作用

副作用等発現状況の概要
頻度
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
副作用の概要
副作用の概要
重大な副作用
頻度
重大な副作用
重大な副作用ショック(頻度不明)ショックを起こすことがあるので観察を十分に行い、呼吸困難、血管浮腫(喉頭浮腫等)、蕁麻疹等のアナフィラキシー様症状があらわれた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。
その他の副作用
種類\頻度 頻度不明
過敏症1)発疹、蕁麻疹、そう痒、紅斑、小水泡等
水銀中毒2)腎障害、骨髄抑制等

1) このような症状があらわれた場合には、直ちに使用を中止すること。

2) 長期間または広範囲に使用しないこと。

適用上の注意

投与経路
適用上の注意
適用上の注意1) 外用にのみ使用し、内服しないこと。
使用時
適用上の注意
適用上の注意1) 眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には水でよく洗い流すこと。
2) 深い創傷に使用する場合の希釈液としては注射用蒸留水か滅菌精製水を用い、水道水や精製水を用いないこと。
調製時
適用上の注意
適用上の注意1) 希釈する水にアルカリ土類金属塩、重金属塩、第二鉄塩、酸類、ヨウ素等が存在する場合、変化することがあるので、注意すること。

包装

500mL

主要文献及び文献請求先

※※学術情報に関するお問い合わせ先

文献請求先

問い合わせ先マイラン製薬株式会社 カスタマーサポートセンター
フリーダイヤル 0120−06−6720

製造業者又は輸入販売業者の氏名又は名称及び住所

発売元
マイラン製薬株式会社
大阪市中央区本町2丁目6番8号
製造販売元
株式会社フヂミ製薬所
大阪市東成区中本2丁目9番9号
06-6981-1718
06-6981-3471

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
2619710X1336 マーキュロクロム液FM マーキュロクロム 2%10mL 12.2

Related Attachments