マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

塩酸パパベリン散10%「マイラン」

作成又は改訂年月

※※2013年1月改訂 (第8版 販売会社変更)
 ※2008年11月改訂

日本標準商品分類番号

871243

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1999年6月

薬効分類名

血管拡張・鎮痙剤

承認等

販売名

塩酸パパベリン散10%「マイラン」

販売名コード

1243002B1182

承認・許可番号

承認番号
21800AMX10805
商標名
10% Powd.“Mylan”

薬価基準収載年月

2008年2月

販売開始年月

1954年4月

貯法・使用期限等

貯法
遮光、気密容器、室温保存
使用期限
5年
(容器に表示の使用期限内に使用すること)

組成

成分・含量(1g中)
日局 パパベリン塩酸塩 100mg
添加物
トウモロコシデンプン、乳糖水和物、赤色3号アルミニウムレーキ

性状

本剤は微紅色の粉末で苦味を有する。

禁忌

(次の患者には投与しないこと)
本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能又は効果

用法及び用量

パパベリン塩酸塩として、通常成人1日200mg(本剤:2g)を3〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)
緑内障の患者〔眼圧上昇作用により、緑内障を悪化させるおそれがある。〕

相互作用

併用注意

(併用に注意すること)
薬剤名等
レボドパ
臨床症状・措置方法
レボドパの作用が減弱するおそれがある。
機序・危険因子
機序は不明。

副作用

副作用等発現状況の概要
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用
肝臓注1)注1)過敏症注2)注2)循環器精神神経系消化器その他
注1)観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。
注2)このような症状があらわれた場合には、投与を中止すること。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊娠中の投与に関する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

薬効薬理

すべての平滑筋に対して直接的な弛緩作用を示す。
血管平滑筋の異常緊張を抑制し、血流量を増加させる。
内臓平滑筋を弛緩させ、鎮けい作用を有する。

有効成分に関する理化学的知見

1.一般名
〔日局〕パパベリン塩酸塩(Papaverine Hydrochloride)
〔日局別名〕塩酸パパベリン
2.化学名
6,7-Dimethoxy-1-(3,4-dimethoxybenzyl)isoquinoline monohydrochloride
3.分子式
C2020H2121NO44・HCl
4.分子量
375.85
5.構造式
6.性状
本品は白色の結晶又は結晶性の粉末である。
本品は水又は酢酸(100)にやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、無水酢酸又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
本品1.0gを水50mLに溶かした液のpHは3.0〜4.0である。

取扱い上の注意

安定性試験
取扱い上の注意
取扱い上の注意 最終包装製品を用いた長期保存試験(室温保存、5年)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、塩酸パパベリン散10%「マイラン」は通常の市場流通下において5年間安定であることが確認された1)

包装

500g

主要文献及び文献請求先

※社内資料 (安定性試験資料)

文献請求先

問い合わせ先 ※※、※ファイザー株式会社 製品情報センター
〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7
学術情報ダイヤル 0120-664-467
FAX 03-3379-3053

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
マイラン製薬株式会社
大阪市中央区本町2丁目6番8号
※※
ファイザー株式会社
東京都渋谷区代々木3-22-7

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
1243002B1182 塩酸パパベリン散10%「マイラン」 パパベリン塩酸塩 10%1g 6.2

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
730612_1243002B1182_2_03.sgm ブラウザで表示
730612_1243002B1182_2_03_fig01.gif ブラウザで表示