マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

ワカデニンシロップ0.3%

作成又は改訂年月

** 2014年4月改訂 (第6版)
* 2010年10月改訂

日本標準商品分類番号

873131

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1976年4月

薬効分類名

補酵素型ビタミンB製剤

承認等

販売名

ワカデニンシロップ0.3%

販売名コード

3131001Q1108

承認・許可番号

承認番号
21900AMX01325
商標名
WAKADENIN 0.3%

薬価基準収載年月

2007年12月

販売開始年月

1972年6月
※製品名変更後の販売開始:2008年2月

貯法・使用期限等

貯法
遮光、室温保存
使用期間
3年
使用期限
外箱、容器に記載あり

組成

成分・含量(1mL中)
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム3.2mg(フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)として3mg)を含有する。
添加物
クエン酸水和物、クエン酸ナトリウム水和物、D-ソルビトール、精製白糖、グリチルリチン酸二カリウム、ソルビン酸カリウム、香料を含有する。

性状

性状・剤形
爽やかな甘み、オレンジ様の芳香を有するだいだい黄色澄明のシロップ剤
pH
4.5〜5.5

一般的名称

フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム

効能又は効果

用法及び用量

通常、成人にはFADとして1日5〜45mgを1〜3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

臨床検査結果に及ぼす影響

尿を黄変させ、臨床検査値に影響を与えることがある。

臨床成績

口角炎、舌炎及びアフタ性口内炎を対象とした一般臨床試験26例における有効率は次のとおりであった1)1)。(臨床成績の表参照)

臨床成績の表

対象疾患名有効率
口角炎50.0%(1/2)
舌炎71.4%(10/14)
アフタ性口内炎60.0%(6/10)

薬効薬理

FADはフラビン酵素の補酵素として細胞内の酸化還元系やミトコンドリアにおける電子伝達系に働き、糖質、脂質、たん白質などの生体内代謝に広く関与し、重要な役割を果たす。

有効成分に関する理化学的知見

1.一般名
フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(Flavin Sodium)(JAN)
2.化学名
Disodium 5'-[(2R,3S,4S)-5-(7,8-dimethyl-2,4-dioxo-3,4-dihydrobenzo[g]pteridin-10(2H)-yl)-2,3,4-trihydroxypentyl diphosphate]
3.構造式
4.分子式
C2727H3131N99Na22O1515P22
5.分子量
829.51
6.性状
本品はだいだい黄色〜淡黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。
本品は水に溶けやすく、メタノール、エタノール(95)、エチレングリコール又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
本品は吸湿性である。
本品は光によって分解する。
7.旋光度
〔α〕D20D20:-21.0〜-25.5°(脱水物に換算したもの0.3g、水、20mL、100mm)。
8.pH
本品1.0gを水100mLに溶かした液のpHは5.5〜6.5である。

取扱い上の注意

1.安定性試験
長期保存試験(室温、3年)の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された2)2)。

包装

ワカデニンシロップ0.3%:500mL

主要文献及び文献請求先

渡辺尚彦:新薬と臨牀,32(8),1363(1983)
秋葉 清 他(わかもと製薬):ワカデニンシロップ0.3%の研究報告〔長期安定性試験〕(社内資料)

文献請求先

問い合わせ先 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求ください。
わかもと製薬株式会社 医薬学術部
**、*〒103-8330 東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
TEL 03-3279-0379
**FAX 03-3279-1272

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

**、*製造販売元
わかもと製薬株式会社
東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
3131001Q1108 ワカデニンシロップ0.3% フラビンアデニンジヌクレオチド 0.3%1mL 3.1

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
890016_3131001Q1108_1_03.sgm ブラウザで表示
890016_3131001Q1108_1_03_fig01.gif ブラウザで表示