マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

*テルフィス点滴静注

作成又は改訂年月

**2014年7月改訂(第6版)
*2008年6月改訂

日本標準商品分類番号

873253

薬効分類名

肝性脳症改善アミノ酸注射液

承認等

販売名

*テルフィス点滴静注

販売名コード

3253404A3063

承認・許可番号

承認番号
*22000AMX00756
欧文商標名
TERUFIS

薬価基準収載年月

*2008年6月

販売開始年月

1999年9月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等室温保存
使用期限
使用期限等容器,外箱に表示
注意
使用期限等取扱い上の注意の項参照

規制区分

処方箋医薬品注)
説明事項注) 注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

〈成分・分量〉 有効成分 1袋 200mL中
組成L-トレオニン 0.90g
L-セリン 1.00g
L-プロリン 1.60g
L-システイン塩酸塩水和物 0.08g
(L-システインとして) (0.06g)
グリシン 1.80g
L-アラニン 1.50g
L-バリン 1.68g
L-メチオニン 0.20g
L-イソロイシン 1.80g
L-ロイシン 2.20g
L-フェニルアラニン 0.20g
L-リシン塩酸塩 1.52g
(L-リシンとして) (1.22g)
L-ヒスチジン塩酸塩水和物 0.64g
(L-ヒスチジンとして) (0.47g)
L-トリプトファン 0.14g
L-アルギニン塩酸塩 1.46g
(L-アルギニンとして) (1.21g)
 添加物 1袋 200mL中
組成亜硫酸水素ナトリウム(安定剤) 0.020g
水酸化ナトリウム(pH調節剤) 適量
 1袋 200mL中
組成総遊離アミノ酸 15.98g
分岐鎖アミノ酸(BCAA)含有率 35.5w/w%
必須アミノ酸/非必須アミノ酸 1.09
総窒素 2.44g
Fischer比# 37.03
 #(バリン+ロイシン+イソロイシン)/(チロシン+フェニルアラニン)[モル比]
〈電解質量〉
組成Na+ 約3mEq
Cl- 約19mEq

性状

性状無色澄明の液である.
pH
性状5.9〜6.9
浸透圧比
性状約3 (生理食塩液に対する比)

販売名

*テルフィス点滴静注

販売名コード

3253404A4060

承認・許可番号

承認番号
*22000AMX00756
欧文商標名
TERUFIS

薬価基準収載年月

*2008年6月

販売開始年月

1999年9月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等室温保存
使用期限
使用期限等容器,外箱に表示
注意
使用期限等取扱い上の注意の項参照

規制区分

処方箋医薬品注)
説明事項注) 注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

〈成分・分量〉 有効成分 1袋 500mL中
組成L-トレオニン 2.25g
L-セリン 2.50g
L-プロリン 4.00g
L-システイン塩酸塩水和物 0.20g
(L-システインとして) (0.14g)
グリシン 4.50g
L-アラニン 3.75g
L-バリン 4.20g
L-メチオニン 0.50g
L-イソロイシン 4.50g
L-ロイシン 5.50g
L-フェニルアラニン 0.50g
L-リシン塩酸塩 3.80g
(L-リシンとして) (3.04g)
L-ヒスチジン塩酸塩水和物 1.60g
(L-ヒスチジンとして) (1.18g)
L-トリプトファン 0.35g
L-アルギニン塩酸塩 3.65g
(L-アルギニンとして) (3.02g)
 添加物 1袋 500mL中
組成亜硫酸水素ナトリウム(安定剤) 0.050g
水酸化ナトリウム(pH調節剤) 適量
 1袋 500mL中
組成総遊離アミノ酸 39.95g
分岐鎖アミノ酸(BCAA)含有率 35.5w/w%
必須アミノ酸/非必須アミノ酸 1.09
総窒素 6.11g
Fischer比# 37.03
 #(バリン+ロイシン+イソロイシン)/(チロシン+フェニルアラニン)[モル比]
〈電解質量〉
組成Na+ 約7mEq
Cl- 約47mEq

性状

性状無色澄明の液である.
pH
性状5.9〜6.9
浸透圧比
性状約3 (生理食塩液に対する比)

禁忌

(次の患者には投与しないこと)
重篤な腎障害のある患者
[高窒素血症が誘発されるおそれがある.]
アミノ酸代謝異常症のある患者
[アミノ酸インバランスが助長されるおそれがある.]

効能又は効果

使用上の注意

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)
慎重投与
慎重投与高度のアシドーシスのある患者
[アシドーシスが悪化するおそれがある.]
慎重投与
慎重投与うっ血性心不全のある患者
[心不全が悪化するおそれがある.]

副作用

重大な副作用
1.低血糖
低血糖があらわれることがあるので,発現時には速やかにブドウ糖注射液の投与を行うこと.
また,このような患者では栄養管理を十分に行うことが望ましい.
2.高アンモニア血症
高アンモニア血症があらわれることがある.本剤適用時に本症が発現し遷延する場合には,本剤を含む窒素源の投与を中止し,適切な処置を行うこと.
その他の副作用
その他の副作用
その他の副作用本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため,発現頻度については文献等を参考にした.
副作用が認められた場合には,投与を中止するなど適切な処置を行うこと.
過敏症
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用発疹等
消化器
頻度
(0.1〜5%未満)
その他の副作用
その他の副作用悪心・嘔吐等
循環器
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用胸部不快感
動悸
代謝異常
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用一過性の血中アンモニア値の上昇
大量・急速投与
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用アシドーシス
その他
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用悪寒
発熱
その他
頻度
(0.1%未満)
その他の副作用
その他の副作用血管痛
頭痛

高齢者への投与

高齢者への投与
高齢者への投与一般に高齢者では生理機能が低下しているので,投与速度を緩徐にし,減量するなど注意すること.

小児等への投与

小児等への投与
小児等への投与小児等に対する安全性は確立していない (使用経験がない).

過量投与

過量投与
過量投与高アンモニア血症を呈することがある (「重大な副作用」の項参照).

適用上の注意

1.調製時
寒冷期には体温程度に温めて使用すること.
2.使用時
開封後直ちに使用し,残液は決して使用しないこと.
血管痛があらわれた場合には,注射部位を変更すること.また場合によっては,投与を中止すること.
3.投与速度
ゆっくり静脈内に投与すること(「用法及び用量」の項参照).

取扱い上の注意

1.〈使用前の注意〉
●内容液が漏れている場合や,内容液に変色・混濁・浮遊物等の異常が認められるときは使用しないこと.
●空気遮断性の高い個包装内に脱酸素剤を入れて安定性を保持しているので,個包装が破損しているときは使用しないこと.
●排出口をシールしているフィルムがはがれているときは使用しないこと.
2.〈調製時の注意〉
●使用時には排出口をシールしているフィルムをはがすこと.
●注射針は,無菌的操作により,ゴム栓の刻印部にまっすぐ刺通すること.斜めに刺すと,ゴム栓や排出口内壁の削り片が薬液中に混入したり,容器を刺通し液漏れの原因となったりすることがある.
●薬剤を配合するときには,よく転倒混和し,配合変化に注意すること.
3.**〈投与時の注意〉
●本品に通気針(エア針)は不要である.
**●輸液セット等のびん針を接続する際は,ゴム栓の刻印部にまっすぐ刺通すること.
●連結管を用いた2バッグ以上の連続投与は原則として行わないこと.
●個包装を開封したまま保管すると,内容液が変質する可能性があるので,速やかに使用すること.
4.〈ソフトバッグの取扱い上の注意〉
●本品は軟らかいプラスチックのバッグなので,鋭利なもの等で傷つけないこと.液漏れの原因となる.
**●容器の目盛りは目安として使用すること.
5.〈安定性試験〉
加速試験(40℃,相対湿度75%,6カ月)の結果,通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された1), 2)1), 2).

包装

200mL×20袋
500mL×10袋

主要文献及び文献請求先

テルモ株式会社:200mLの安定性試験(社内資料).
テルモ株式会社:500mLの安定性試験(社内資料).

文献請求先

問い合わせ先主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい.

テルモ株式会社 コールセンター
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目44番1号
TEL 0120-12-8195

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
テルモ株式会社
東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目44番1号

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
3253404A4060 テルフィス点滴静注 肝不全用アミノ酸製剤 500mL1袋 661
3253404A3063 テルフィス点滴静注 肝不全用アミノ酸製剤 200mL1袋 336

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
470034_3253404A3063_1_02.sgm ブラウザで表示