マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

*アズレン点眼液0.02%「ニットー」

作成又は改訂年月

** 2010年10月改訂 (第6版)
* 2007年12月改訂

日本標準商品分類番号

871319

薬効分類名

非ステロイド性抗炎症剤

承認等

販売名

*アズレン点眼液0.02%「ニットー」

販売名コード

1319703Q2108

承認・許可番号

承認番号
*21900AMX01410000
商標名
*Azulene 0.02%「NITTO」

薬価基準収載年月

*2007年12月

販売開始年月

1994年11月

貯法・使用期限等

貯法
遮光、室温保存
使用期限
容器及び外箱に表示(3年)

組成

有効成分の名称
**アズレンスルホン酸ナトリウム水和物
含量(1mL中)
0.2mg
添加物
塩化カリウム、塩化ナトリウム、ホウ酸、ホウ砂、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

性状

剤形
水性点眼剤(無菌製剤)
pH
7.0〜8.0
性状
青色澄明の水性点眼剤

一般的名称

**アズレンスルホン酸ナトリウム水和物点眼液

効能又は効果

用法及び用量

1日3〜5回、1回1〜2滴を点眼する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

副作用

副作用等発現状況の概要
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
副作用が認められた場合には、投与を中止すること。
その他の副作用

適用上の注意

1.投与経路
点眼用にのみ使用すること。
2.投与時
薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導すること。

薬効薬理

アズレンは、ヒスタミンあるいはヒスタミン様物質の遊離を抑制するので局所適用により強い抗炎症作用、抗アレルギー作用、組織再生促進作用をあらわす。目においては、そう痒感、疼痛、流涙などの各種症状に治療効果が得られ、また、上皮形成作用、角膜浸潤吸収作用により、角膜はく離、角膜浸潤に効果をあらわす。1)2)3)
*<生物学的同等性試験>4)4)抗炎症作用

有効成分に関する理化学的知見

1.一般名
**アズレンスルホン酸ナトリウム水和物JAN
Sodium Hydrate
2.化学名
Sodium 1,4‐dimethyl‐7‐isopropylazulene‐3‐sulfonate
3.構造式
4.分子式及び分子量
C1515H1717NaO33S・1/2H22O 309.36
又はC1515H1717NaO33S・H22O 318.36
5.性状
**アズレンスルホン酸ナトリウム水和物は暗青色の結晶又は結晶性の粉末で、におい及び味はない。
メタノールにやや溶けやすく、水又は酢酸(100)にやや溶けにくく、エタノール(95)に溶けにくく、無水酢酸、ジエチルエーテル又はヘキサンにほとんど溶けない。
水溶液(1→200)のpHは6.0〜9.0である。
光により変化する。

取扱い上の注意

* <安定性試験>5)5)

包装

5mL×10本
5mL×50本

主要文献及び文献請求先

1
Stern:Arztl. Forsch.,9,553('59)
2
佐々木ほか:日本眼科紀要,13,116('62)
3
神谷ほか:眼科臨床医報,56,325('62)
4
*日東メディック(株) 社内資料:アズレン点眼液の家兎実験的結膜炎に対する消炎効果
5
*日東メディック(株) 社内資料:アズレン点眼液の長期保存試験結果

文献請求先

問い合わせ先 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。
問い合わせ先
**日東メディック株式会社 おくすり相談窓口
*〒104-0033 東京都中央区新川1-17-24
*電話:03-3523-0345
*FAX:03-3523-0346

製造業者又は輸入販売業者の氏名又は名称及び住所

製造販売元
日東メディック株式会社
富山県富山市八尾町保内1-14-1

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
1319703Q2108 アズレン点眼液0.02%「ニットー」 アズレン 0.02%5mL1瓶 87.2

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
100461_1319703Q2108_1_04.sgm ブラウザで表示
100461_1319703Q2108_1_04_fig01.gif ブラウザで表示