マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

ロートエキス散 シオエ

作成又は改訂年月

**2012年1月改訂 (第6版)
*2009年6月改訂

日本標準商品分類番号

871249

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1984年6月

薬効分類名

鎮痛・鎮けい剤

承認等

販売名

ロートエキス散 シオエ

販売名コード

1249351B1095

承認・許可番号

承認番号
16000AMZ00835
欧文商標名
Scopolia Powder

薬価基準収載年月

1950年9月

販売開始年月

1949年1月

貯法・使用期限等

貯法:
使用期限等気密容器
使用期限:
使用期限等外箱に記載

基準名

日本薬局方
基準名ロートエキス散

規制区分

劇薬

組成

成分・含量 (1g中)
組成日本薬局方ロートエキス 0.1g
添加物
組成バレイショデンプン

性状

性状帯褐黄色〜灰黄褐色の粉末で、わずかに弱いにおいがあり、味はわずかに苦い。

一般的名称

ロートエキス散

禁忌

(次の患者には投与しないこと)
緑内障のある患者[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。]
前立腺肥大による排尿障害のある患者[さらに尿を出にくくすることがある。]
重篤な心疾患のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
麻痺性イレウスのある患者[消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。]

効能又は効果

使用上の注意

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)
慎重投与
慎重投与前立腺肥大のある患者[尿を出にくくすることがある。]
慎重投与
慎重投与うっ血性心不全のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
慎重投与
慎重投与不整脈のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
慎重投与
慎重投与潰瘍性大腸炎のある患者[中毒性巨大結腸をおこすおそれがある。]
慎重投与
慎重投与甲状腺機能亢進症のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
慎重投与
慎重投与高温環境にある患者[汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。]

重要な基本的注意

重要な基本的注意
重要な基本的注意視調節障害、散瞳、羞明、めまい等をおこすことがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険をともなう機械の操作に従事させないように注意すること。

相互作用

併用注意

(併用に注意すること)
薬剤名等 
三環系抗うつ剤
フェノチアジン系薬剤
モノアミン酸化酵素阻害剤
抗ヒスタミン剤
イソニアジド
臨床症状・措置方法
抗コリン作用 (口渇、眼の調節障害、心悸亢進等)が増強することがある。
機序・危険因子
併用により本剤の作用が増強されることがある。

副作用

副作用等発現状況の概要
副作用の概要
副作用の概要本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。
その他の副作用
  
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用散瞳、羞明、霧視、調節障害等
消化器
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用口渇、悪心・嘔吐、便秘等
泌尿器
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用排尿障害
精神神経系
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用頭痛、頭重感、めまい等
循環器
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用頻脈等
過敏症注)注)
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用過敏症状
その他
頻度
(頻度不明)
その他の副作用
その他の副作用顔面潮紅
注) このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

高齢者への投与

高齢者への投与
高齢者への投与高齢者では、抗コリン作用による口渇、排尿困難、便秘等があらわれやすいので、慎重に投与すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦、産婦、授乳婦等への投与
妊婦、産婦、授乳婦等への投与妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には投与しないことが望ましい。また、乳汁分泌が抑制されることがある。[胎児又は新生児に頻脈等を起こすことがある。]

薬効薬理

**35%エタノールエキスにはl -ヒヨスチアミン、アトロピン (dl -ヒヨスチアミン) 及びスコポラミンが含まれており、体内各部位に分布するムスカリン様受容体において、副交感神経性及び外因性のアセチルコリンと競合的に拮抗するため、種々の反応を引き起こす。同エキスは、ウサギ摘出回盲部の自動運動を可逆的に抑制する。水温浸液は、モルモット摘出小腸において、アセチルコリン、ヒスタミン、塩化バリウムによる収縮反応を抑制する。なお、アトロピンは迷走神経刺激、食物刺激、ガストリン又はヒスタミンによる胃酸又はペプシンの分泌を抑制するほか、抗ストレス胃潰瘍作用、胃細胞保護作用、小腸運動及び腸液分泌抑制作用、鎮痛作用がある。一方、スコポラミンには血圧下降作用及び鎮痙作用が認められている。l -ヒヨスチアミン、アトロピン (dl -ヒヨスチアミン) 及びスコポラミンが含まれており、体内各部位に分布するムスカリン様受容体において、副交感神経性及び外因性のアセチルコリンと競合的に拮抗するため、種々の反応を引き起こす。同エキスは、ウサギ摘出回盲部の自動運動を可逆的に抑制する。水温浸液は、モルモット摘出小腸において、アセチルコリン、ヒスタミン、塩化バリウムによる収縮反応を抑制する。なお、アトロピンは迷走神経刺激、食物刺激、ガストリン又はヒスタミンによる胃酸又はペプシンの分泌を抑制するほか、抗ストレス胃潰瘍作用、胃細胞保護作用、小腸運動及び腸液分泌抑制作用、鎮痛作用がある。一方、スコポラミンには血圧下降作用及び鎮痙作用が認められている。

有効成分に関する理化学的知見

1.一般名:
ロートエキス (Scopolia Extract)
2.性状:
本品は褐色〜暗褐色で、特異なにおいがあり、味は苦い。
本品は水にわずかに混濁して溶ける。

包装

500g

主要文献及び文献請求先

**第十六改正日本薬局方解説書 (廣川書店)

文献請求先

問い合わせ先*シオエ製薬株式会社 学術情報部
〒661−0976
TEL (6470) 2102
FAX (6499) 8132

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
シオエ製薬株式会社
兵庫県尼崎市潮江3丁目1番11号
販売 
日本新薬株式会社
京都市南区吉祥院西ノ庄門口町14

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
1249351B1095 ロートエキス散 シオエ ロートエキス 1g 7.6

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
340013_1249351B1095_1_05.sgm ブラウザで表示