マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」牛乳

作成又は改訂年月

**2016年5月改訂(第6版)
*2009年9月改訂

日本標準商品分類番号

87729

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1989年9月

薬効分類名

アレルゲン検査薬

承認等

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」牛乳

販売名コード

7290401A1026

承認・許可番号

承認番号
(40A)4655

薬価基準収載年月

1965年12月

販売開始年月

1965年10月

貯法・使用期限等

貯法
2〜8℃保存(凍結不可)
使用期限
直接の容器、外箱に表示(3年)
注意
使用後は汚染を防ぐためスポイトキャップをよく締めること。

規制区分

処方箋医薬品
説明事項注意−医師等の処方箋により使用すること
販売名アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」牛乳
組成本剤は原料(牛乳)を50%グリセリン食塩溶液で抽出して得た特異的アレルゲンを含むもので、原料重量に対し、10倍液(1:10)である。
添加物濃グリセリン50%(W/W) 塩化ナトリウム5%(W/W)
原料の由来等1.原料








性状本剤は無色〜淡黄色澄明の液である。

効能又は効果

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

重要な基本的注意

**ショック、アナフィラキシー等の発現を予測するため、十分な問診を行うこと。
**ショック、アナフィラキシー等の発現時に救急処置のとれる準備をしておくこと。
投与後患者を安静の状態に保たせ、十分な観察を行うこと。
ウイルス感染に関する注意
本剤は、飼育管理された健康な動物に由来する原料を使用しているが、原料に由来するウイルス感染症の伝播等の危険性を完全には排除できない。
**正確な皮膚反応テストを行うため、皮膚反応テスト検査前日から抗ヒスタミン薬やメディエータ遊離抑制薬の投与を中止すること。
また、皮膚反応テストを実施する約1週間前から投与を中止することが望ましい薬剤があるので注意すること。
重要な基本的注意
重要な基本的注意**原因アレルゲンの特定に際しては、本剤による検査結果のみではなく、問診や特異的IgE抗体検査の結果等も踏まえて総合的に判定すること。
非選択的β遮断薬服用の患者への注意
*検査のために本剤が投与されたときに、本剤による反応(アレルギー反応)が強くあらわれることがある。
また、本剤によるアレルギー反応の処置のためにアドレナリンを投与したとき、アドレナリンの効果が通常の用量では十分発現しないことがある。
重要な基本的注意
重要な基本的注意**三環系抗うつ薬及びモノアミンオキシダーゼ阻害薬(MAOI)服用の患者への注意
本剤によるアレルギー反応の処置のためにアドレナリンを投与したとき、アドレナリンの効果が増強されることがある。

副作用

重大な副作用
**ショック、アナフィラキシー
ショック、アナフィラキシーを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等の異常があらわれた場合には、直ちに適切な処置を行うこと。
その他の副作用
過敏症

高齢者への投与

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

**ヒスタミンは子宮筋収縮作用を有することが知られているので、妊娠中はヒスタミン遊離が考えられる広範な皮膚反応テストは避けること。

適用上の注意

投与時
**投与部位のアレルギー症状が数日持続する場合がある。

包装

1mL点滴用スポイト付瓶

主要文献及び文献請求先

文献請求先

問い合わせ先鳥居薬品株式会社 お客様相談室
〒103-8439 東京都中央区日本橋本町3-4-1
TEL 0120-316-834
FAX 03-3231-6890

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
鳥居薬品株式会社
東京都中央区日本橋本町3-4-1

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
7290401A1026 診断用アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」 診断用アレルゲンエキス 1mL1瓶 7966

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
480306_7290401A1026_9_06.sgm ブラウザで表示