マイページ

薬剤師ネクスト経営塾

ソリタ−T配合顆粒3号

作成又は改訂年月

2013年7月作成(第1版)

日本標準商品分類番号

873229

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1986年12月

薬効分類名

内服用電解質剤

承認等

販売名

ソリタ−T配合顆粒3号

販売名コード

3229101D2035

承認・許可番号

承認番号
22100AMX00940
商標名
SOLITA-T No.3

薬価基準収載年月

2009年9月

販売開始年月

2002年7月

貯法・使用期限等

貯法
使用期限等室温保存
使用期限
使用期限等外箱、分包に表示
注意
使用期限等吸湿し易いので開封後はなるべく速やかに使用すること。

組成

組成本剤1包(4.0g)中の成分、分量及び本剤1包を水100mLに溶解したときの電解質濃度は下記のとおりである。
成分 1包(4.0g)中
組成塩化ナトリウム          58mg
塩化カリウム          149mg
無水リン酸二水素ナトリウム 60mg
クエン酸ナトリウム水和物  196mg
炭酸マグネシウム        14mg
添加物 1包(4.0g)中
組成白糖            適量
クエン酸水和物     100mg
香料            微量
エチルバニリン     微量
バニリン         微量
プロピレングリコール 微量
溶解後の電解質濃度
組成Na     35
K      20
Mg2+     3
Cl     30
Phosphate  5(mmol/L)
Citrate3− 20
※添加物としてクエン酸水和物(溶解後のCitrate3−濃度:14mEq/L)を含むので、本剤の溶解後のCitrate3−濃度は34mEq/Lである。
組成本剤1包(4.0g)は約13kcalである。

性状

性状本剤は白色で甘味と酸味を有し、特有の芳香がある。
剤形
性状顆粒剤

禁忌

(次の患者には投与しないこと)
腸管閉塞、腸穿孔、小腸機能障害のある患者
[症状が悪化するおそれがある。]
重篤な腎障害のある患者
[水・電解質異常を起こす又は増悪するおそれがある。]
激しい嘔吐のある患者

効能又は効果

用法及び用量

用法及び用量
用法及び用量本剤1包(4.0g)を用時100mLの水又は微温湯に攪拌溶解する。通常成人1回100mLを1日数回患者の口渇に応じて経口投与する。小児には1回20〜100mLを1日8〜10回(2〜3時間毎)経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

(次の患者には慎重に投与すること)

副作用

副作用等発現状況の概要
副作用の概要
副作用の概要本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。(再審査対象外)
その他の副作用
消化器
頻度
頻度不明
その他の副作用
その他の副作用嘔吐、下痢等
大量投与
頻度
頻度不明
その他の副作用
その他の副作用水中毒注1)
注1) 輸液療法と併用の際起こすことがある。

高齢者への投与

高齢者への投与
高齢者への投与一般に高齢者では、生理機能が低下しているので、減量するなど注意すること。

適用上の注意

1.調製時
定められた水溶液として調製し、高濃度の水溶液を投与しないこと。
ミルク、フルーツジュース等の電解質を含む他の液と混合又は同時に投与する場合には、電解質量を十分に考慮すること。
2.投与時
乳幼児には初回に約20mL投与し、30〜60分間経過後嘔吐のないことを確かめてから、追加することが望ましい。
患者が欲しない場合は服用を強制しないこと。

臨床成績

本剤の水溶液を経口投与することにより、腸管粘膜から電解質が選択的かつ合理的に吸収され、静脈内輸液とほぼ同様の効果が期待できる。1, 2)1, 2)
本剤は、食餌摂取による体液の維持が困難な場合に、電解質を補給し体液平衡の正常状態を維持する。2, 3)2, 3)

包装

1包(4.0g)×100

主要文献及び文献請求先

藪田敬次郎 他: 小児科診療, 27, 1044, 1964
石田正統 他: ソリタ-T顆粒臨床文献集, 26, 1977
金子栄蔵: 新輸液療法ハンドブック, 52, 1976

文献請求先

問い合わせ先株式会社 陽進堂 お客様相談室
東京都中央区日本橋浜町二丁目31番1号
フリーダイヤル 0120-647-734

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売元
エイワイファーマ株式会社
東京都中央区日本橋浜町二丁目31番1号
販売元
株式会社陽進堂
富山県富山市婦中町萩島3697番地8号

薬価

販売名コード 品名 成分名 規格 薬価
3229101D2035 ソリタ−T配合顆粒3号 ナトリウム・カリウム・マグネシウム配合剤 4g1包 33.3

Related Attachments

Title
PDFファイル ブラウザで表示
インタビューフォーム ブラウザで表示
171575_3229101D2035_3_02.sgm ブラウザで表示
171575_3229101D2035_3_02_fig01.gif ブラウザで表示
171575_3229101D2035_3_02_fig02.gif ブラウザで表示