無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

6 産前産後休業・育児休業

それでは、産前産後休業・育児休業のセクションを始めます。

まず、産前産後休業ですけれども、これは当然女性だけに認められた権利ですが、産前休業が6週間、それから産後休業が8週間ということになっています。これは労働基準法で認められた期間ですので、女性の方が妊娠した場合には必ずとれるものです。かつては、妊娠したらそのまま辞めるいうふうな、仕事を辞めるって言うことも多かった。今でも、事情によっては当然、こういうふうに出産を機に退職するという方もまだいらっしゃると思いますけれども、こういう休暇、ちゃんと認められていますので、出産で休んだとしても、辞めずにそのまま働くということが、法律上認められたものになっています。さらに、産休の後も育児休業というのが今、認められていて、これはお子さんが1歳になるまでです。事情によっては6か月間延長できるんですが、原則は1歳になるまでは育児休業という休業、休暇を取ることができます。ですから、産休から育児休業まで引き続き休んで、それからまた職場に復帰するということが、これは働く側には法律でしっかりと認められたことになっていますので、妊娠出産を機に仕事を辞める、辞めざるを得ないということはないわけです。

このページは登録ユーザー向けです。
ログイン、もしくは登録をお願いします。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する  

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)