無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

駒形先生 『6 医療・介護サービスの需要と供給(必要ベッド数)の見込み』

それでは、増え続ける高齢者またはこの医療の供給体制に関して考えていきたいと思います。ではスライドをお願いします。このスライドをちょっと見ていただきたいのですが、実は今、国が考えている医療の供給体制の中で、大きく病床数を4つに区分していようとしております。これはちょっと古い資料なんですが、ここで目指しているのは、ここに書いてます、2025年、高齢者が最も人数が増える2025年というのを想定しております。そして、ここで高度急性、一般急性、それから亜急性期と回復期リハビリ、それから長期療養とこの4つの区分に病床数を切り替えていこうということが進められていきます。地域医療計画という中で、病床数の数が決まっていきます。そういう面からすると、ある程度各都道府県ごとにいろいろと国からノルマがあって、ある面から診療報酬も手伝って、この病床数が規定されていくということになってきます。

このページは登録ユーザー向けです。
ログイン、もしくは登録をお願いします。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する  

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)