無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

駒形先生 『1 急がれる薬局の在宅業務の実践』

Kaeマネージメント、駒形です。どうぞよろしくお願いいたします。

今回は平成26年の診療報酬改定において、薬局の在宅がどのように変化していくのか、また、それに対して薬局がどのように対応していくのか、そんなところを少しお話をしていきたいと思っております。それではスライドお願いいたします。

まず、今回の診療報酬改定の重点課題ですけれども、こちらに書いてますように医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実というところが大きな課題になっております。この中で医療機関の機能分化、強化、連携、この部分は簡単に言いますと、入院機能と外来機能、ここをどのようにしていくかというのが大きなテーマになっております。入院機能というのは、ご存知のように、入院ですから医療機関の入院ということになりますと、治すということが大きなポイントになって参ります。治すということは簡単に言うと退院をするということになります。しかし、さじ加減と言いますか、ゆっくり置いておけばそれなりに収入になっていくという仕組みもございますので、ある程度早い時期に退院させる、そんな仕組みが導入されております。

このページは登録ユーザー向けです。
ログイン、もしくは登録をお願いします。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する  

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)