無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

赤羽根先生2『9 薬局開設者等は?』

それでは今まで民事責任と要件ということで、過失、因果関係、損害と全て揃って民事責任というのが発生するんだというお話をしてきました。これは基本的に調剤を行った薬剤師というイメージしているんですが、この民事責任、金銭を支払わなければいけない責任は、誰が負うんだということをぜひ知っていただきたい。刑事責任、行政責任でも開設者等が負う可能性があるというお話をしました。このとき、民事責任もどうなのかというと、考えられる人というのは、調剤をミスしてしまった薬剤師と薬局開設者、その他管理薬剤師というものも考えられるかもしれません。この時にだれが負うのか非常に重要なんですが、実は全員こういった患者さんに対して損害を賠償しなければならない、という責任があるんだというのを、これ非常に重要になります。

このページは登録ユーザー向けです。
ログイン、もしくは登録をお願いします。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する  

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)