無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

赤羽根先生2『1 調剤過誤にかかる法的責任』

弁護士の赤羽根秀宜と申します。私は弁護士として今活動しておりますが、実は薬剤師の資格も持っておって、薬局で10年ほど勤務した経験があります。ですから、今日は弁護士としてお話しさせていただきますが、薬局での職務経験や薬剤師の知識も生かして、皆様に法的な知識をアドバイスできればなというふうに思っております。よろしくお願いいたします。

では、今回は調剤過誤にかかる法的責任ということで、恐らく薬剤師、薬局の中では一番興味がある、一番気になる部分だというふうに思っています。ただなんとなく法的責任イメージが沸くんだけれども、具体的にどういったことよくわからないといったことがあるというふうに日々相談を受ける側として感じていますので、その辺りを正確に、どういった責任を負わなければならないですかというのを明確にお話しできればなというように思っています。

このページは登録ユーザー向けです。
ログイン、もしくは登録をお願いします。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する  

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)