無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

指導における薬歴記載


次に、指導における薬歴記載についてお話しいたします。
薬歴の書き方の基本、まずは薬歴簿の構成について見ていきたいと思います。薬歴簿は表紙ですが、患者のプロフィールが書かれます。そして、処方それから確認事項、そして指導記録といったこのような構成になっております。表紙、患者プロフィールに書くことは患者情報それから患者特質の確認事項は必ず必要でございます。患者の特質というのは、体質であったり、アレルギーであったり、副作用歴、そして合併症を含む既往歴、他科受診の有無、併用薬の有無、それから後発品の使用に関する患者の意向、この場合、一度後発品は使用不可と患者さんの方から訴えがあったとしても、薬が変わった時、または処方が変わった時には必ず後発品に関する患者の意向は取られるといいでしょう。確認項目といたしましては、服用後の確認項目として、服用中の体調変化、服薬状況、残薬状況、副作用症状の有無、他科受診の有無、併用薬等、そして飲食物の摂取等、この場合飲食物ですが健康食品や特保、サプリメントといったものもここに入ってまいります。

このページは登録ユーザー向けです。
ログイン、もしくは登録をお願いします。

Existing Users Log In
 ログイン状態を保持する  

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)