薬剤師ネクスト経営塾ロゴ
薬剤師ネクスト経営塾ヘッダー 薬剤師ネクスト経営塾ヘッダー

何のために薬剤師になったのか。


それはこの業界にイノベーションを巻き起こすため、


そんな風に胸をはれるあなたを応援したい。


自分の殻を突き破り、自由な発想とひたむきな情熱を注ぐあなたに、


知っておいて欲しい「仕事場」を提供する!


それは「幹部候補生」としての働き方。
経営者視点で薬局経営に関わりたい
人物紹介

今回の取り組みに続々と薬局経営者からメッセージが届いています。
小松義人

目の前の調剤しかできない薬剤師に未来はない。薬の勉強だけでは地域に必要とされる薬局、薬剤師になれない。
薬局が地域に対して貢献できることは何か?薬剤師の使命は何か?
世の中に求められている薬局のニーズは何か?世の中のトレンドと薬局業務をどのようにコラボレートさせていくか?
これまでの既成概念にない薬局業務を創ることによって、薬局、薬剤師の新たな可能性、価値観を見出すことができます。
そのためには、大きな視点、視野が必要です。これからの薬剤師には薬学的知識だけでなく、「マネジメント力」「マーケティング力」が必要とされます。
「業界のイノベーションを起こす!」そんな気概を持った貴方と私は一緒に仕事をしたい。



大塚秀昌

現在、薬局の数は5万5000件。その中、大手調剤薬局のシェアは10%で50%までM&Aが進むと言われています。その中で残った薬局が真の地域密着型薬局です。
大型ショッピングセンターがあちらこちらにできても個人商店の魚屋・八百屋はどの地域にも残っています。
個人商店の店主は、お客様の家族の嗜好を把握しています。これは大手にはできません。
ですから真の地域密着型薬局は家族歴を把握し薬の好み、生活リズムを把握しなければなりません。家族歴や生活スタイルを聴き出すにはそこに「マネジメント」が必要となります。
予防と介護の本当の提案ができるのは薬剤師です。「やっぱり、この薬局、この薬剤師さんに相談して良かった」と思ってもらえる、ホッとできる薬局づくりをしたいプラス志向・素直・勉強好き薬剤師を 応援します!
一緒に未来型地域密着多職種連携薬局を作りましょう。


まずはお話しを聞いてみたい、そんな方は以下のフォームよりお申込みください。

リセット
内容確認