無料で登録

薬剤師ネクスト経営塾

薬歴に関する個別指導

  • 常に考えておかなければいけない原点とは

    常に薬剤師として考えておかなければならない原点とは。これは私の師である、鹿野静夫先生から教えていただいた言葉です。医師は、一人でも多く人を幸せにする。薬剤師は、一人として不幸せな人を出さない。医師と薬剤師の考え方が根本的に違うこと。もちろん…

  • 薬剤師として考えなければいけないこと

    次に、薬剤師として考えなければいけないことについてお話しを致します。 まず、薬剤師の職能向上は誰のためか。薬剤師免許は国民の健康な生活を確保するために交付される免許証です。薬剤師免許の喪失は本人が困るのではなく国民が困るということでなければ…

  • 考えなければならない本質的なこと

    次に、考えなければならない本質的なこと。我々薬剤師は今、医薬分業の業務の真っ只中にいます。それでは、医薬分業の理念とはどういったものでしょう。もう一度おさらいのつもりで勉強しましょう。医薬分業とは、医師が患者に処方箋を交付し、薬局の薬剤師が…

  • 保険薬剤師と管理薬剤師

    次に、保険薬剤師と管理薬剤師についてお話しを致します。 保険薬剤師とは、保険薬局において健康保険法の調剤に従事する薬剤師は、厚生労働大臣の登録を受けた薬剤師でなければならない。登録は薬剤師自らの意思により、所在地を管轄する地方厚生局、厚生支…

  • 指導における重要事項

    次に、指導における重要事項についてお話をしたいと思います。保険調剤として調剤報酬が支払われるためには何が必要でしょう。どういったことが必要でしょうか。1つ目、保険薬剤師が保険薬局において健康保険法、薬剤師法、薬事法の各種関係法令の規定を遵守…

  • 指導における薬歴記載

    次に、指導における薬歴記載についてお話しいたします。 薬歴の書き方の基本、まずは薬歴簿の構成について見ていきたいと思います。薬歴簿は表紙ですが、患者のプロフィールが書かれます。そして、処方それから確認事項、そして指導記録といったこのような構…

  • 薬歴に関する個別指導における指導事項(例)

    次に、今度は薬歴に関する個別指導における指導事項の例を少し細かいですが見ていきたいと思います。 これはHPより抜粋してございますので、先生方もHPから見ていただければ結構かと思います。東北地方厚生局、四国地方厚生局、関東厚生局、九州厚生局の…

  • 指導における調剤録

    はい。次のセクションは指導における調剤録についてお話しします。調剤報酬請求の根拠は全て調剤録となります。調剤録の記載義務は薬剤師法第28条、薬担規則第5条に基づきます。また、調剤録の保存は皆さんもご存知の通り、調剤完結の日から3年間が薬担規…

  • 指導における薬学的疑義等

    それでは次に、指導における薬学的疑義等についてお話しします。 これは最も薬剤師的なところでございますので、皆さんしっかり勉強してください。 疑義照会。薬学的な疑義としましては、処方意図に関する事項、慎重投与の疑い、重複投与の疑い、用法に関す…

  • 指導における基本的事項

    皆さん、こんにちは。 ファイン総合研究所の薬剤師、近藤剛弘と申します。本日はよろしくお願いいたします。今日は保険薬局における個別指導とは、薬剤師とはというテーマでお話をさせていただきます。それでは、スライドをお願いいたします。 まず初めに、…

薬剤師アカデミーに登録してレッスンを受ける(無料)